Sinのスポーツ日記★

アクセスカウンタ

zoom RSS F1グランプリの楽しみ方B

<<   作成日時 : 2005/07/09 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんわ。Sinのスポーツ日記へようこそ。
イギリスGPの前にテロという悲しい事件が起きてしまいました・・・。
お亡くなりになられた方のご冥福と負傷された方の早期の回復をお祈りいたします。

そして今日もレギュレーションのお話です。

さて、去年は本当に強かったミハ兄ですが、今年はなんともイマイチ・・・。
理由は車が悪い、タイヤが悪いと色々と囁かれていますが、
今年のレギュレーションが合わないからでは?とも言われています。
さて、この今年のレギュレーションとは・・・。

【2グランプリ1エンジン】
これは2回のグランプリを1つのエンジンで走る事です。去年までは交換ができましたが、
今年はエンジンを1グランプリ使っただけで、交換するとなんとスタート位置(スターティンググリッドといいます)が10個も下がってしまうのです!(ペナルティ)グリッドが下がるというのは、前に出たいF1では大損です。このルールはコースによってはエンジンに非常に負担がかかるので、キツイです。

【タイヤ原則交換禁止】
以前はピットストップの映像が出ると決まって、タイヤを交換する光景が見られていましたが、
今年からは原則、ピットストップの際にタイヤを交換する事ができません!(ガーン!)
F1では雨の時のウェットタイヤと晴れの時のドライタイヤという2種類のタイヤがあるのですが、
(本当はもっと細かい話ですが、見始めはこのくらいわかれば大丈夫なはず)
ウェットタイヤが必要になった場合や、タイヤが破損した場合のみ交換が認められます。
ちょっとタイヤがへたってきたからといってタイヤの交換ができないのです。
おまけに、その際のピットストップでは給油ができません。
タイヤ交換の為だけにピットに入るのはタイムロスや順位が落ちてしまう結果を生みやすいので、
チームとしては避けたいところ。
実際、順位を落とす事を避けるためにへたったタイヤで走ったキミ・ライコネンがスピンして
クラッシュするという事故も起きています。
タイヤ交換も競技のうち、また、タイヤ交換があることによって、
多彩な作戦がとれるのでSinはこのルールはあまり賛成できてません。

【予選方式】
2005年から土曜日午後に1回目、日曜日午前に2回目の予選を行い、それぞれ1周のアタックのタイム合算で決勝のグリッド(スタート順)が決まる・・・というレギュレーションのはずでしたが、
なんとシーズン中に変更が!!
第7戦ヨーロッパGPより予選は土曜日の1回のみ。
決勝レース用の燃料を搭載して1周のアタックを行い、
走行後はパルクフェルメ(簡単に言うと車両保管場所かな・・・)に保管されます。
走行順は前グランプリの順位が遅い順に走ります。
サーキットでのグリップ力(接着力というか地面をタイヤがうまく掴める力というのかな)は
車が多く走った後のほうが高くなるので順番が遅くなるほうが有利です。

以上 この3つが基本・・・だと思います。
追加がある方は是非、追加をしていただけるとありがたいです。
明日はペースカーなどについて書いていきたいと思います。

イケメンドライバーを探してみては????F1ドライバーってこんなヤツ全集 (2005)
F1ドライバーってこんなヤツ全集〈2005〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1グランプリの楽しみ方B Sinのスポーツ日記★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる