Sinのスポーツ日記★

アクセスカウンタ

zoom RSS インディーの事故で思うこと。

<<   作成日時 : 2006/03/28 01:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

26日、痛ましい事故が起こりました。

アメリカで開催されていたインディーの開幕戦。
レース前の練習走行でスピンしてコースに止まっていた
エド・カーペンターの車にポール・ダナの車が激突。
両者ともに病院に搬送され、ポール・ダナが死亡。
エド・カーペンターは脳震盪で済んだ模様。

・・・わかってます。
あれだけのスピードであれだけのバトルを展開するレースの世界。
いつなんどきこういう事故が起こるかもわからない。
F1やmotoGPも観戦するSinはそれを知っています。
でも、普段はそんな事、全く思いもしません。
今回のスペインGPでロッシが転倒した時も
正直、そこまで心配していませんでした。
(もちろんケガとかの心配はしましたけど)
当然、リタイヤか完走するか・・・としか思ってません。

でも、考えてみたらあの時もそんな事思ってませんでした。

1994年5月1日 F1 サンマリノGP。
F1ファンであればピンとくるはず・・・アイルトン・セナの事故です。
一瞬何が起こったのか全く理解できず、
理解できたときにはもう涙が止まらなくなっていました。
どうして?という思いとまさかセナがという思いだけが
頭の中をグルグルと回り続けていました。

2003年4月6日 motoGP 日本GP
日本が世界に誇るライダーだった加藤大治郎の事故。
この頃はまだmotoGPを真剣にみていなかったのですが、
映像を見た瞬間に衝撃が走りました。
助かって欲しいという願いもむなしく、
意識不明で病院に搬送された後、4月20日逝去。
あまりよく知らないながらも、周囲の人や
ファンの気持ちを思うといたたまれない気持ちになりました。

今回の事故も本当にいたたまれない気持ちでいっぱいです。
こういう事故を目にするたびにレースの危険性を実感し、
悲しくなり、それでも走り続けるドライバーや
ライダーに尊敬の念を抱きます。
普段はあまり実感しないことですが、
彼らは命をかけてレースを走っているんですよね。
本当に頭が下がる思いです。

やっぱりレースは真剣勝負。
走っている人も観る人も皆、真剣です。
そういう勝負を目の当たりにできることを
感謝すると同時にポール・ダナ選手のご冥福を
お祈りします。

真剣勝負をみせてくれて、ありがとう。
ご冥福をお祈りいたします。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インディーの事故で思うこと。 Sinのスポーツ日記★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる