Sinのスポーツ日記★

アクセスカウンタ

zoom RSS 井出、スーパーライセンス剥奪!!

<<   作成日時 : 2006/05/10 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ある意味、予想されたというか、予想を超えたというか…。。
「厳しすぎる」という声すら聞こえるFIAの決断、通達。
これは一体、どうなんでしょうかね…というわけで、
賛否両論!?


井出有治、スーパーライセンス剥奪について。

F1GPに参加する際に必要なライセンス。
それがスーパーライセンスです。
普通、国際レースに参加するには四輪の場合、
まず国際A〜Cというライセンスを取得しなければなりません。
そしてF1の場合には国際Aを取得した上で、FIAが独自に発給する
「スーパーライセンス」という物を取得しなければ
F1ドライバーにはなれないのです。

今回、スーパーアグリF1井出有治が剥奪されたのが、
このスーパーライセンス。勿論、井出は今年のレースには参戦できません。
スーパーアグリで再取得の可能性を探っているようですが)
スーパーアグリF1オールジャパンのチームということで、
立ち上げられましたが、ひとまずはフランク・モンタニー
2ndドライバーとしてレースに参戦していく模様です。

さて、この話題の発端は第4戦サンマリノGP
開幕3戦でも走行に関してあまり芳しい話題のなかった井出ですが、
この4戦目でついにMF1アルバースと接触。
アルバースのマシンが裏返ってしまい、
皆が一瞬、ひやっとした瞬間でした。
ドライバーに大したケガもなく、アルバース自身も

「レースアクシデントだ」

と主張し続けてくれた(いい人だね)のですが、
周囲のドライバーからの評判は散々な上にFIAからも


「スーパーライセンス剥奪も視野にいれる」

とのお達しがあります。
このままではライセンスを剥奪されかねないと判断した
チームにより、井出はテストドライバーに降格。
ヨーロッパGPにはフランク・モンタニーが2ndドライバーとして、
参戦しました。結果、リタイアしたものの周囲の反応は良好。
モンタニーをセカンドドライバーにという声も上がる中の通達でした。

「厳しい」という声が聞かれる今回の通達ですが、
オールジャパンにこだわった亜久里代表
周囲の危険だという声を比べるとどうも、周囲に分がありそう。
キミ・ライコネン


「彼は危険だ。彼がモナコを走ったら大クラッシュになる」


とまで言ってましたし、実際見ていてもこちらがヒヤヒヤ
させられる場面も多かったです。
(まあ批判は琢磨もかなり受けてたけどね)

遅い車、経験不足、それは井出にとっては非常に不利な
状況ではありました。
でもなんか、それを助長するようにチームが
マシンをきちんと用意してなかったり、テスト走らせなかったり。
どうもスーパーアグリ、支離滅裂な気がするんだけど。
チーム内でもモンタニーを2ndに推す声が多かったり。
他のチームからのイジメという声まで聞かれる
今回の通達ですが、なんかチームがバラバラなのが
原因の一つではとSinは思ってます。
そういう意味では井出有治、ものすごく可哀想です。

今後、また日本人ドライバーを選出するかは未定ですが、
もう日本人にこだわらなくていいのでは???
このままでいくと琢磨にまで悪影響が及びそうで
非常に怖いです。
まずはチームを一つにきちんとまとめること。
それが先決でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
井出有治、スーパーライセンス取り消し
FIA(国際自動車連盟)は、スーパーアグリF1チームより F1参戦中の井出有次 ...続きを見る
めぃすた。の塔
2006/05/11 23:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
井出、スーパーライセンス剥奪!! Sinのスポーツ日記★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる