Sinのスポーツ日記★

アクセスカウンタ

zoom RSS ホンダの行く末

<<   作成日時 : 2008/12/08 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

気がつけば、鹿島が優勝してました。
なんかブラジルから気合いが抜けたっていうか。

さて、F1は色々話題がたまってますね。
まずはやっぱりホンダがF1から撤退!
これに尽きますね。
まさかアメリカ経済がF1に影響しようとは。

確かに今年のホンダは酷かった。
マシンが全く機能せず、シーズン中から来年を見据えて!
という声が聞かれるほど。
さしものロス・ブラウンもお手上げ状態。
そこにきて世界経済の悪化。
いくらホンダといえども新しいスポンサーを見つけるのは…。
チーム売却の話も出てますけど、無理だろうな。
すでに来季のマシンも仕上がりつつあるのに、
ここに来て撤退とは。
スタッフは悔しくて仕方ないだろうね。

一方、来季まで契約していたバトン様。
彼はどうするのか。
チームと共に身売り?
トロロッソがテストに声をかけたとの噂もありますが。
ファンの方には申し訳ないが、
正直、Sinはバトン様をあまり買ってないので、
本当にいいのか?トロロッソ?と思っている。
もちろん、琢磨にドライバーとして、
復帰して欲しい気持ちも大きいけれど、
それを抜きにしても、今年のバトンはイマイチ。
マシンのせいにする事は簡単だけど、
バリチェロの方がマシンを上手く宥めながら、
ドライブ出来ていたと思う。
だからホンダがバリチェロと契約しないのが、
不思議で仕方なかったし。

とにかくホンダの撤退は日本のF1ファンを落胆させ、
来年も参加表明をしていた事から
F1サーカス全体をも揺るがす事件となっている。
(みんな色々、都合ってもんがあるし)
motoGPなどは引き続き参戦するらしいので、
いかにF1がお金がかかるのかを、
思い知らされた感じ。

そして、F1自体も様々な新ルールによって、
あまりいい方向に向かっている気がしない。
1番はエンジン開発の凍結。
技術開発で切磋琢磨できないのに、
メーカーが参戦する意味は?
宣伝ならばもっと安価な方法が沢山あるはず。

そしてマシンの外見の変化。
チリトリが走っていると言われるような、
なんとも不格好なマシン。
F1マシンの美しさはどこへ…。

ちなみにアロンソはもう一度ワールドチャンピオンに
返り咲くまで引退しないと言っていたのに、
単一エンジンが導入されたら、引退する考えだとか。
今、アロンソに引退されたら、
ますますファンは離れて行ってしまうだろう。
なんせ今年のベストドライバーに輝いたドライバーなんだから。

と、まぁ、なんだかイヤな空気漂うF1サーカス。
唯一の明るい話題は琢磨がまたトロロッソのテストを
受けられる事くらいだろうか。
恐らく、次のテストで完全に結果が出ると思う。
バトンをとるより、ずっといいですよ!
と、トロロッソにオススメしたいけど…。
果たしてどうなりますか。
願わくば、全てがいい方向に向かいますように。
F1ファンは祈らずにいられません。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホンダの行く末 Sinのスポーツ日記★/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる